ニュースタート健康法

100歳のための「No」は、健康のための「Yes」

アルコールが体にいいというニュースが流れた次の日には、むしろよくないと報道されます。コーヒーが認知症予防にいいという研究もあれば、副作用に注意すべきというニュースもあります。このような情報は私たちに混乱をもたらします。私たちはそれらのニュースの裏側を読まなければなりません。論争になっている研究資料を誰がサポートしているのかということです。お酒、タバコ、コーヒーのような嗜好品には中毒性があり、その中毒性を通して利益を得ようとする企業があることを知っておくべきです。中毒性という危険性があるならば、このような嗜好品を遠ざけることが賢明です。

近年、ゲーム中毒や、スマホ中毒、ギャンブル中毒など、様々な依存症が社会的問題になっています。それらがなくても生活できる状態でいられるためには節制が必要です。

★生活習慣病の予防。精神的満足。中枢神経への過剰刺激をさける。老化を防ぐ。

  1. 怒りをコントロールする。爆発させると癖になる。
  2. コーヒー、紅茶、緑茶など常用しない。
  3. ダイエットなど急激な変化をしない。
  4. 残業ゼロを心がける。
  5. 刺激物はできるだけさける。
  6. タバコは吸わない。
  7. 薬物に頼らない。
  8. 酒は飲まない。
  9. 無理をしない。
ニュースタート健康法