ニュースタート健康法

時間がない時にこそ、ゆっくりと休息する必要があります。

今日、世界のほとんどの地域において、人口のかなりの割合の人々が睡眠不足であるといわれます。アメリカでは、疲労感は人々が医者にかかる理由のトップ10に挙げられています。

 第一次世界大戦中、イギリスでは生産性を上げようとして、ノンストップの勤務スケジュールが実施されましたが、その後、週の勤務時間を48時間に抑えて、週に必ず1日休むようにしたところ、生産性が15%アップしました。

 そこでウインストン・チャーチルは、「もし我々がこの戦いに勝利しようと思うならば、週1日は休日にし、1年に1週間は休暇としなければならない」と訴え、それを法制化しました。

 聖書によると、神ご自身が週ごとの休息(安息日)をとるように命じておられます。安息日は今の土曜日にあたりますが、この休息を通して私たちは、身体的、精神的、霊的に神からの祝福を受け、健康で幸せな人生を送ることができるのです。

★過労防止、血圧安定、免疫力改善。

  1. 睡眠は1日7〜8時間を目標に。
  2. 週に1度は仕事を忘れる日を持つ。
  3. 趣味を持つ。
  4. リラックスする雰囲気をおぼえる。
  5. 夜10時には就寝。
  6. 休暇を上手に使う。
  7. 自然を楽しむ。
ニュースタート健康法